« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月11日 (月)

古屋の守

  P4060876_r

 

   朽ちていくのは悲しいことだけれど

   時の理を変えることはできない   

   こそげ落ちた白壁

   崩れ落ちた屋根

   青空の深みと満開の桜が

   廃屋の侘しさを露わにさせる

 

   僕は君を守ることはできない

   けれど、君を見守ることはできる

   僕の生が尽きるのと

   君が土に還るのとどっちがどっち

   命が躍動していた日々を思い出す

   子供たちがいて、笑いと涙で満ち溢れていた

 

   朽ちていくのは悲しいことだけれど

   朽ちていくのは生の証

 

   僕は桜

   ずっとずっと君を見つめてきた僕は桜

 

============================

 窓から眺めている景色に昨日 見慣れないものがあるのに気が付きました。

 その一画だけ白くぼんやりとしているのです。

 ああ、桜の花が咲いたのだ。

 毎年、私の中では、その一画は、いつも突然、桜の花が満開になります。

 本当は、3分咲き、5分咲きと段階を重ねているのでしょうが、遠すぎて気が付きません。

 満開になって始めて、そこに桜の木があったのを思い出すのです。

 たくさんの雑木の中の1本だけの桜の木。

 この時期だけ、存在をアピールします。(o^-^o)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 9日 (土)

   P4060868_r

  お花見、行こうよ

  桜がたくさん咲いている名所と言われる場所のお花見も好きだけれど

  山の奥でひっそり咲く桜を見上げるのはもっと好きなんだ

  たった一人で満開の桜を見上げていると

  いつしか僕の体は、ゆらゆら揺れながら

  陽炎のように半透明な姿に変わっていく

  桜の木の下に一人でいると

  いつのまにか僕の魂の横に誰かがやってきて

  僕の心は、彼と会話をするでもなく、

  それでもなめらかにほどけて心地よくなる

  それが、恐いんだ

  僕自身が消えてしまいそうで

  だから僕とお花見に行こうよ

  誰もやってこない山の上の桜を見に

 

==========================

 パソコンの調子が悪くなってしまい、とうとう今回、買い換えることにしました。

 そして、やっときました。━━━━(゚∀゚)━━━━!!

 新しいパソコンは、立ち上がりも早いし、サクサク動いて快適です。\(^o^)/

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »