« ある日のこと | トップページ | 美しいもの »

2016年8月13日 (土)

暑中

   P7101221_r

暑中

 

炎々と紅蓮の炎のように
日差しはコンクリートを焼き付ける
道路を砕く削岩機の音が
容赦なく響き渡り
汗を誘う

暑い
暑い
赤銅色の肌の男達が
汗をぬぐいながら
気だるげなまなざしを
空に向ける

銀色の腹を見せながら
金属の塊が上へ上へと上っていく
轟音が暑さを撹拌する

おい、東京に行くんか
東京も暑いらしいぞ

垣根の隅で
むくげが白い花を
咲かせている

ひと刷けの涼風が頬をなでる
暑中の贅沢

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

もう、暦の上では秋ですが、毎日暑い日が続いています。

それでもこちらでは、30度越えは日中だけで、朝夕は過ごしやすい空気が流れます。

今年は、日差しを遮るためのオーニングを新しくしました。

ところが、購入したものは、色がベージュで生地が薄く、まぶしい日差しを遮るには少々役不足でした。仕方なく、追加でもう一枚濃い色・モカを購入したのですが、それを重ねてみると涼しさが増すのはさることながら、別の副産物が姿を現しました(少しオーバー?)ヽ(´▽`)

リビングの窓の外に、以前からある2mX2mのブラウン1枚と2mX3mのベージュ1枚、3mX2mのモカを1枚、屋根から庭に斜めに下し、ぴたりと重ねることなく、それぞれにずらしながら、オーニングとオーニングに空間を作り張ってみました。(連れの仕事なのですが)

オーニングの重なった部分と一重だけの部分と当然ながら光量が違っています。それが、まるで砂漠の中の2重3重に張り巡らされたテントの中にいるような不思議な雰囲気を醸し出しているのです。

砂漠の中のテントなんてどんなものか知っているのか、という突っ込みは無しにしてくださいね。(*´v゚*)ゞ

そういうわけで、今年の夏は、これまでとは少し違った異空間を楽しんでいます。(*^-^)

 

 

|

« ある日のこと | トップページ | 美しいもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13751/64050327

この記事へのトラックバック一覧です: 暑中:

« ある日のこと | トップページ | 美しいもの »