« 2016年8月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年9月

2016年9月14日 (水)

小さな訪問者

 
P8271393_r
  


   雨降りは嫌だなあ
   夜、出かけたくなくなっちゃうよ
   ああ、この匂いは何?
   おいしそうなこの匂いは?
   あの灯りの中から漂ってきている
   あの灯りは人間の住む家
   人間の住む家には近づいてはいけないと母さんが言っていたけれど…
   ああ、おいしそうないい匂い
   人間の家って 中はどうなっているのかなあ?
   ちょっとだけ、覗いて見ちゃえ
   明るいなあ 昼間のよう
   あ! しまった!
   見つかっちゃった   
 
            山のきつね
==============================
  今日は一日、雨降りでした。
  夜になっても雨は止まず、それでも外の空気を入れたくて、リビングの窓を1枚だけ網戸にして、夕飯の用意を済ませ、連れの帰りを待ちながらテレビを見ていました。
  ふと何か気配を感じて、視線を窓に移してみると、窓の外の縁側に動物の姿が。
  網戸に顔をくっつけるようにして、こちらを見ています。
 
  ネコ? 犬?
 
  いえ、いえ、キツネ君です! !!(゚ロ゚屮)屮
 
  私の座っている位置から3メートルほど。
  目が合いました。
  驚いて立ち上がった私に彼(?)も驚いたのでしょう、一旦は逃げ出したのですが、彼の好奇心は、恐怖心より勝ったのでしょう。
  またすぐに戻ってきて、窓の端からこちらを覗いています。
  こんなチャンスはないとばかりにカメラを取りにいこうと、そっと動いたのですが、やはりそれはいけなかったのでしょう、明るい窓から再び彼は、離れてしまいました。
 
  ごめんね、キツネ君。(^-^;
 
  子ぎつねが手袋を買いに人間のお店にやってくる「手袋を買いに」という童話があります。
  今は、夏ですから、このキツネ君、手袋を買いに来たのではないとは思いますが、雨傘でも借りに来たのでしょうか。  ( ^ω^ )
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月11日 (日)

美しいもの

P8271392_r
 
 
 
    雨のしずくで着飾られたその草の名前を私は知らない

    貪欲で、傲慢なまでの繁殖力を人々は嫌うのだけれど

    今日、雨の滴で覆われたその姿を目にしたとき

    私は美しいものに出会ったと思った
 
==============================
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年11月 »