« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月

2018年5月25日 (金)

天然温泉施設「峠の湯」に行ってきました。

 
旧中山道、碓氷峠のふもとにある「峠の湯」(群馬県安中市松井田町)に行ってきました。
 Dscf10591r
 
 
アーチ形の建物は、碓氷線の遺構である「めがね橋」を模しているそうです。
 Dscf10631r
 
≪泉質≫ 
  ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物温泉(弱アルカリ性低張性温泉、無色透明)
 
 ≪効能≫
  関節リウマチ、変形性関節症、腰痛、神経痛、五十肩、打撲、慢性捻挫、筋肉痛、胃腸機能の低下、糖尿病、軽いコレステロール血症、軽い喘息または肺気腫、痔疾、病後回復期、抹消循環障害、冷え性、疲労回復などに効果があります。
 
 
 
 
 
 お湯は、トロリとしていて肌に纏わりつきます。
 温泉特有の硫黄の匂いはありませんが、この肌の感触に温泉に浸かっているという感覚があり、私としましては好きです。(o^-^o)
 洋風と和風の二つの大浴場とそれぞれに露天風呂と個室タイプの家族風呂があります。
 大浴場は、週替わりの男女ローテーション制になっていて、今日入ったのは、「和風大浴場・碓氷」。
 この温泉施設には何度か来ているのですが、初めてこの「碓氷」に入りました。
 室内の大浴場も良いのですが、私としましては、やはり露天風呂です。
 風を感じながら浸かる温泉は、何物にも代えがたいです。
 景色も堪能できますしね。
 館内にはレストランもあります。「峠の釜めし」で有名な荻野屋さんが入っています。
 Dscf10451r
 
 
 こちらは、お休み処。
 Dscf10411r
 
 
 テーブル席からは、裏妙義山が見えます。
 心なしか、今日は体が楽になったようです。(´~`)。゜○
 群馬県には、温泉施設がたくさんあります。
 おいおいレポートしていけたら良いなと思っています。
 
 それでは、おやすみなさい。
      
           VOGTLANDER NOKTON CLASSIC 40mm f1.4
  
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月24日 (木)

田舎の良いところ

 
Dscf09121r_3
 
 先日、免許証の更新に行ってきました。

 

 受付時間は、午後1時から1時45分までということでしたので、1時15分には交通安全協会に着いたのですが、並んでいる人は誰もいません。

 受付を済ませ、そのまま、視力測定、写真撮影と、手続きは受付時間内にすべて終わってしまいました。(o^-^o)

 その後、講習会場に入ってみると受講者は、3人。

 30分の優良運転者講習を受けて終了。

 これまで住んでいたところではありえない時間です。

 

 田舎の良いところは、景色だけではありません。

 公共の手続きに順番待ちがないということです。 o(*^▽^*)o

 ちなみに、前回5年前に初めてこちらで免許の更新をしたときは、なんと私一人でした。(^-^;

 

     TANRON SP 90mm f2.8  MACRO ( Model272EN Ⅱ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月22日 (火)

腰痛と骨盤

  

Dscf08711r

             XF18-135mm f3.5-5.6

 ぎっくり腰はほとんど良くなっているのですが、それでもまだ、立ったり、座ったりするのは慎重になります。
 腰がまだどうも不安定なものですから。
 
 そんな時、ふと、昔々、確か、細いタイプの腰痛予防ベルトをしながら、テニスをしていたことを思い出しました。
 早速、ネットで調べてみると、以前使っていたものは見つからなかったのですが、それより優れモノと思われる『腰部骨盤ベルト』というものを見つけました。
 ベルトという名前の通り、コルセットのように幅のあるものではありません。 
 腰痛用のコルセットは、「痛みのある時は装着しても構いませんが、筋肉がつかないので、常時装着はしないで下さい」と、病院で言われています。
 それに引き換え、この骨盤ベルトは、常時装着可能です。

 そして、商品説明には、
 「体幹を安定させることで、骨盤のゆがみや崩れたバランスを整え、歩行や運動の腰にかかる負担を軽減」させてくれると書いてあります。
 このベルトは、名前の通り、腰に装着するものではなく、骨盤に装着するものなのです。
 
 
 溺れる者はワラをもつかむではありませんが、買わない手はありません。
 ダメもとで購入してみました。
 装着してみると、骨盤がきゅっと締められ、それまで、猫背気味の背筋がすっくと立ちあがるような、体に1本芯の入ったような感覚を覚えます。
 鏡で確認してみると、以前より背筋が伸びています。
 そして、背筋が固定されたからでしょうか、何より動きが楽になりました。
 前屈みも座ることも苦になりません。
 
 不思議です。
 骨盤を少し締めただけなのですけれどね。
 恐るべし骨盤です。

 
 腰痛コルセットのようにベルトが邪魔になることはありません。ヽ(´▽`)/
 運動時でも使えるので、しばらく使ってみようと思います。
 私は、テニスをするのでスポーツメーカーであるミズノさんのものを購入しました。
  『MIZUNOサポーター腰部骨盤ベルト ノーマルタイプ C3JKB411(ユニセックス)』
 さて、明日はテニスに行ってきます。
 これで、思い切り動くことができると思います。
 楽しみです。( ̄▽ ̄)
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月18日 (金)

小さなお客様たち

   

Dscf08421r

                  XF18mm f2.0

 最近、雀の子供たちが庭にやってきます。
 6,7羽が飛んできて、芝生や畑の土を突ついてみたり、桜や椿の木の中に入って、賑やかに遊んでいます。
 かくれんぼでもしているのでしょうか。
 それとも追いかけっこ?
 枝から枝、地面へと行ったり来たり。

 
 写真に撮りたいのですが、どうもじっとしていなくて、ピンボケ写真ばかり量産中です。
 というわけで、今日の写真は、子雀たちが遊んでいる芝生の一角を。(;´▽`A`` 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月16日 (水)

この花、なーに?

   

Dscf08331r

  飛んでいきたいな
  あの大空に向かって
  ご覧になって!
  準備はすっかりできているでしょう?
  あとは、くるくる回って風に乗るだけ
  いつ飛んでいけるのかしら?
 
  -------------------------------------------------------        
 
Dscf08321r
 
 XF18-135mm F3.5-5.6
 
 この花は、なんだと思いますか?
 
 ハナミズキではありませんよ。
 ヤマボウシです。
 
 ハナミズキとヤマボウシはよく似ているので、花びらの先端を見るとわかります。
 とがっているのが、ヤマボウシです。
 ハナミズキの写真がなくてすみません。(゚ー゚;
 あっ! それから、ヤマボウシの花は飛んでいきません。
 写真を撮りながら、どの花もどの花もみんな空に向かって花びらを広げているものですから、つい……(*´v゚*)ゞ
 
 
 それと、これ、ご存知でしたか?
 ヤマボウシの赤い実は食べられるって。
 私は最近知りました。w(゚o゚)w
 
 私の住んでいる住宅地には、街路樹としてヤマボウシがたくさん植えてあるのですが、秋に赤い実がなります。
 実の形状は、とげとげで、色も少し毒々しいような赤なのです。
 
 食べられるなんてきっと誰も知らないんだと思います。
 歩道にたくさん転がったまま踏みつけられたり、腐って変色したりと落下したままです。
 
 これ、皮をむいて生でも食べられるそうなのです。
 果肉は濃い黄色でシャリシャリ感があり、甘くてバナナやマンゴーの味に似ているそうなのです。乾燥させても美味しいようです。
 また、加工して、ジャムや果実酒としてもいただけるようです。
 
 なるべく触らないようにしていたのですが、今年は、ぜひ味見しようと思います。
 その食レポートは、また秋に上げますね。
  お楽しみに。(*^m^)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月15日 (火)

後には引けない その2

 
      

Dscf08171r_2

           XF35mm f1.4
 

 昨日の続きです。
 
 家族の一員として、成犬になっても子犬のころと同じような愛情を注げるか?
 モノ言えぬ動物の健康管理ができるか?
 最後の看取りまで面倒をみられるか?
 きちんと躾をすることができるか?
 孫の頼みとはいえ、上記のことができれなければ、ワンちゃんが不幸になります。

 これまで、生き物といえば、子供のころにワンちゃんを飼ったことはありますが、大人になってから飼ったことはありません。
 子供の為にメダカやカブトムシを幾代にも渡って育てていましたが、それとは勝手が違いますしね。
 
 今、飼育本を読み、ネットで犬と共に過ごす日常について書かれているホームページなどを読み漁っています。……ミ(ノ _ _)ノ
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月14日 (月)

後には引けない。

 
   

Dscf08131r

                 
  XF35mm f1,4
  「立てばシャクヤク、座ればボタン、歩く姿はユリの花」のシャクヤクです。
----------------------------------------------------------------------
 数日前、ワンちゃんを飼いたいなどと書きましたが、どちらかというと私は行動力に欠ける方で、「やっぱりやめた」となることが結構多いのです。

 今回もきっと、犬の室内飼いを嫌う連れの反対があるだろうな、大変だしなと思いながら、駄目もとで、話をしたのですが、意外や意外、
 「あなたが責任をもって全部世話をするならいいよ」

 と、いうではありませんか。Σ( ̄ロ ̄lll)
 

 それでもテニスに行ったり、チェロのレッスンに行ったりと私は留守が多いし、世話が大変だろうからどうしようかななどと迷っていたのです。
 
 ところが、先日、連れが、ゴールデンウイーク中やってきていた息子一家に

 「おばあちゃんは、小犬を飼うらしいよ」

 と、ポロリと言ってしまったのです。

 さあ、それからが大変。

 小学2年生の孫がその話に心奪われてしまったのです。
 

 「おばあちゃん、ワンちゃんはいつ来るの?」

 「小さいワンちゃん?大きいワンちゃん?」



 でもおばあちゃんは、本当は、まだ、決心がつかないでいたのです。
 
 

 そこで、



 「ワンちゃんのお世話は大変だからね~、どうしようか今考えているのよ」

 「大丈夫、おばあちゃんがお世話できないときは、僕がお世話をしてあげるから」

 「ねえ、いつ来る? 夏休みには来ている?」
 

 孫は、期待してしまったではないですか。
 
 ほら、連れよ、どうしてくれるんだ。
 
 もう今更引けない。

   ( ̄ヘ ̄)
 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月13日 (日)

熊出没ーこんなところに住んでいます

 
  

Dscf07951r

                 XF18-135mm f3.5-5.6
 
 雨です。
 遠くの山が霞んでいます。
 
 数日前、近くの田んぼに熊が出ました。
 山から下りてきたのですね。
 
 ここでは、うっかり竹林や梅林などを一人で歩けません。
 熊と遭遇すれば大変です。
 住宅地の中を歩いている分には問題ないのですが、それを外れたところを歩く人たちは、皆、クマよけ鈴を鳴らして歩くそうです。
 そりゃそうですよね。
 「熊出没」の看板や熊目撃情報の町内アナウンスが流れるのですもの。
 
 越してきたときは、ちょっと、いえ、ものすごく驚きました。Σ( ̄ロ ̄lll)
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月11日 (金)

思いがけない贈り物

 昨日の記事ですが、私はあまりにも写真が下手ですので、X-E3の評判を落としてしまったのではないかと、少々心配しています。
 X-E3の実力はこんなものではありません。(≧ヘ≦)キッパリ
 他の方のサイトに憧れるような写りを発揮した写真がたくさんあります。見つけてくださいね。
 (*_ _)人ゴメンナサイ
 
 さて、気持ちを新たに。
 今日の写真は、
   

Dscf07101r

 紫蘭(シラン)です。
 
 実はこのお花、どうもお隣から種が飛んできたようなのです。
 風で運ばれたか、はたまた虫さんが運んできたか。
 
 非常に丈夫な植物で、乾燥にも多湿にも反日陰でも日当たりの良い場所でも、要するにどんな場所でも育つという実に育てやすいラン科植物なのです。
 
 今、我が家で花を咲かせている株は、3株程ですが、何もしないでも勝手に育ちそうですから、来年、再来年、4,5年後は……ヽ(´▽`)/
      X-E3 XF18-135mm f3.5-5.6
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月10日 (木)

好みです。X-E3

 
 

Dscf06881r

 
  カメラ内の色補正を使ってグリーンを強めにしてみました。
少しばかり強すぎたようです。 (^-^;
 実は、しばらく前から、これまで持っていたカメラ、FUJIFILM X-T20をX-E3にこっそり換えちゃっています。
 三角頭のあるカメラは、どうも好きになれず、X-E3が発売されたとき、そのシンプルな潔い姿と軽さに思わず飛びついちゃいました。
 
 チルトも使わず、フラッシュも使わない私としましては、それらをそぎ落として、軽量になったX-E3は、理想のカメラでした。
 ボタン類の数が適度なのでしょうか、とても機器として扱いやすく、私自身、あまり難しい設定はできませんが、必要なことは、自分の好きなように各ボタン類に割り当てることができます。
 レンズさえ小さいものを揃えれば、普段使いのバックにポンと入ります。
 今さらですが、設定をいろいろと試しています。
 あんな写真は、どうやって撮るのかな? 
 こんな写真の設定はどうすれば良いのかな?
 と、あれこれネットの中を徘徊中です。
 どこかにお邪魔して、おばかな質問をするかもしれませんが、どうぞよろしくお願いします。
        XF18-135mm f3.5-5.6
 


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 9日 (水)

冷たい雨

 
   

Dscf06481r_2

    FUJIFILM X-E3 XF18-135mm f3.5-5.6
 
  昨日からの雨で少しばかり冷え込んでいます。
 そのため、つい、床暖房を入れてしまいました。
 5月の連休を過ぎて床暖房を入れるとは、初めてのような……
 明日からは暖かくなるようです。
 お天気が良くなれば、カメラを持って、腰の為にも少し歩くことにしましょう。

 もう少し、テニスはお休みです。
 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 8日 (火)

決めました。

   

Dscf06231r

 今日もまだ、思うように動けません。
 ぎっくり腰になるだなんて、やはり筋力が低下しているのですね。
 週3日テニスをしていても、足りないようです。(;´▽`A``
 以前、やはりぎっくり腰で整形に行ったとき、先生に言われたんです。
 「歩きなさい」って。
 「買い物のようなだらだら歩きはだめです。
 大股でスッスッスって歩きなさい」と。
 でも、毎日、歩くのは根性がいるのです。
 一人で黙々と歩くなんてできません。
 それでも、今だったら、歩けると思います。
 腰痛をよくするために。ヽ(´▽`)/
 そして、痛みが取れたら……、多分歩く習慣は辞めちゃうと思います。
 これから梅雨ですものね。
 梅雨が空けると暑くなっちゃいますしね。┐(´-`)┌
 で、思いつきました。
 ワンちゃんを飼おう、と。
 そうすれば、嫌でも散歩に連れて行かなければなりませんからね。(*^ー゚)bグッジョブ!!
 でも、これは、連れへの理由付け。
 本当は、以前からワンちゃんを飼いたかったんです。(*´v゚*)ゞ
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 7日 (月)

ぎっくり腰

   

Dscf05921r

 この連休は、嬉しいびっくりで、早めに退院できた4歳の孫娘もやってきて、楽しく賑やかな毎日になりました。

 そんな中、私は、あまりにも張り切りすぎたのでしょうか、庭でのバーベキュー中にぎっくり腰になってしまいました。

 寒い時期から春にかけて、よく症状が出るので、毎朝の腰痛予防体操を欠かさなかったのですが、今回は、それがおざなりになっていたようです。

 情けない話です。

 お陰で?、小学2年生の孫は「ぎっくり腰」という言葉を覚えました。

 何やら、連休中の出来事を彼は日記に書いていたようですが……、まさか、おばあちゃんのぎっくり腰は、登場していないよね?
 

               XF35mm f1.4
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 2日 (水)

源平小菊

   Dscf06061r
 

 源平小菊です。

 白い花は、時間がたつとピンクに変化していきます。

 こぼれ種で増えていくので、思いがけない場所に、2,3本ほどの白い小さな花がゆらゆらと風に身を任せていたりするのを見つけると、つい口元が緩んでしまいます。

 こんなところまで飛んできたんだね、と。

 名前の由来は、源氏の白旗、平家の赤旗からきているようです。
 今のところ、源氏の旗色でいっぱいです。

 ちらほら見えるピンクの赤旗は、4歳の孫娘のお気に入りなのですが、今年は小学校2年生のお兄ちゃんだけが、明日、我が家にやってきます。

 孫娘は、肺炎にかかり、病院で安静中とのこと。

 ピンクの小菊を眺めながら、早く元気になってまた遊びにおいでと願いながら、冬の間放っておいた庭の草取りをしています。

  
           XF35mm f1.4

 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 1日 (火)

ミノムシの不思議

  Dscf06101r
 
    どうしましょう
 
    私たちは、困ったちゃんらしいのです。
 
    せっかく食料が豊富な楽園のようなところを見つけたというのに
 
    彼らは、私たちを排除しようとしているのです。

    旺盛な食欲は、短い私たちの一生のほんのひとこまだというのに

    どこか彼らの手の届かないところに隠れなければ。

    
                 
                    ミノムシ


----------------------------------------------------------------------
 
 モミジや楓の木にミノムシが大量発生しました。
 庭木だけでなく、壁や手すりなどあちこちにもぶらさがっています。
 
 ミノムシって、調べてみるととても不思議な生き物だということがわかりました。

 ミノムシは、「ミノガ」という蛾の幼虫なのですが、オスは、羽化後、蛾になると、ただ、ひたすらに匂いだけを頼りにメスを探して飛び回ります。
 ここまではよくある話ですね。

 でも驚くことに彼らには生き物の基本ともいうべき口がないのです。(゚0゚)

 食事を否定する体の作りって、なんなのと思ってしまいます。

 食事をして体力を付ければ、メスを探して、どこまでも飛んでいけそうですし、子供も丈夫な子が生まれそうです。

 しかし、進化は一切の無駄を省くことを強要します。
 君たちには、食事は不要と告げます。

 だから、口は必要ないでしょ、と。

 飛び続けられる間中、メスを探します。

 メスを探すことができなければ、時間切れで死んでしまいます。

 でも、無事にメスを見つけ、交尾をしたとしてもやはり、そこにも死が待っています。
 

 
 では、メスはというと、彼女たちは羽化しませんし、蓑から一生出ることもありません。

 蓑の中で、さなぎになり、そのうち、さなぎの中に入ったまま成虫になります。

 その姿は、羽も手足もなく、頭部と胸部と腹部だけのずんぐりむっくりな体。

 そこで、オスを誘引するフェロモンを出しながら、オスに見つけてもらうのを待つのです。

 うまくオスがやってきて、交尾を終えると、蓑の中に数千個の卵を産みます。

 そして、子供たちが孵化して出ていくと、そのまま干からびて死んでしまうのだそうです。

 
 葉っぱを食べるのは幼虫の時期だけです。

 それを考えると、目をつぶっておいてあげたくもなりますが、大発生すると、葉は食い尽くされ、幹まで枯れてしまうような被害を受けることがあります。


 申し訳ないのですが、見つけては殺すしかありません。

 折角、この世に生を受けてきたのに……むごいことですが。(  ̄^ ̄)
 
 

            XF35mm f1.4 
    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »