日常のこと

2017年2月19日 (日)

とっても ありがたいんですけれど……

 
  P1231964_r
 
 夕飯の用意が遅くなってしまったため、途中で、番組予約をしていたテレビのアメリカドラマが始まってしまった。

 それで、夫が気を使って、キッチンにまでテレビの音が届く様、音量を上げてくれた。

 ありがとう。

 優しい心遣い嬉しいです。(*v.v)。


 でも、わたし、

 いくら音が聞こえても……

 申し訳ないんですが、 英語の会話は、ちょっと理解できないです……(*´v゚*)ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 7日 (水)

口は災いの元

  Pb231785_r    ( Reflex 300 F6.3)
 
 
 
 口は災いの元
 ああ、又、余計なことを言ってしまった。
 間違ったことを言っているわけではないのだけれど、立場というものをもう少し考えなきゃね。
 年をとるとつい言いたくなるのよね。
 善かれと思って言ったことも結局は、自己満足なだけかもしれない。
 
 来年は、無口でいこう。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月22日 (火)

侘助が咲きました。

    Pb221775_r   
        Reflex 300 F6.3
 
  侘助が一輪咲きました。
 
  朝の光の中で 生まれたての白い花弁が、清楚な輝きを放っています。
 
  楽しみにしていた紅葉は、写真を撮る間もなく、今年はあっという間に終わってしまいました。
 
  いつの間にか冬がやってきていたのですね。一日一日 朝目覚める度に寒さがつのってきています。
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 9日 (火)

だるまさんが転んだ!と遊んでいるこの鳥は?

  P2090648_r

  

 「だるまさんがころんだ!」

 「あっ! 美味しそうなもの、みっけ!」

            

                      ツグミ


============================

ヒヨドリがいなくなると他の鳥たちがやってきます。
ツグミは、跳ねるように歩いては、胸を張って姿勢良く止まる、それを繰り返しながら、餌の虫などを探します。
その姿は、「だるまさんが転んだ!」をしているようだといわれています。

今は、葉のない時期ですから、鳥の姿がリビングから良く見えます。
その姿をとらえようと、カメラをリビングのコタツの上にいつも置いているのですが、3重窓ガラス越しに写すのでは、やはり少しぼけてしまいます。(^-^;



    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月21日 (木)

大寒だけれど、熱くしてくれるなおみちゃん

 
P1180264
今日は大寒。
めっぽう冷えて、雪は降り積もったまま、少しも融けていません。

雪に閉じ込められ、車を動かせないのをいいことに 連日、WOWOWで全豪オープンテニスを観戦しています。

錦織選手ももちろん凄いのですが、手に汗握り、熱くしてくれるのですが、アメリカ人と日本人のハーフである18歳の大坂なおみ選手、彼女も凄いのです。
きょうは2回戦目。
予選から勝ち上がった彼女にとっては、今日の試合は5試合目らしいのですが、ドキドキながらも(観戦中の私がです。本人は至って冷静な印象を受けました)
第18シードのエリナ・スビトリナ選手を6-4、6-4のストレートで破って3回戦進出を決めたのです。

身長180センチから繰り出すサーブは、最速時速193キロ。
ファオアハンドもバックハンドも強力で、それでいて緩急をつけた冷静な試合運び。
初めてグランドスラムの大会に出場した選手とは思えません。
おまけに彼女は18歳。

素晴らしい選手が出てきたものです。ヽ(´▽`)/
今後が楽しみです。o(*^▽^*)o




   にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 4日 (月)

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い致します。

  P1040171_r

孫たちが帰り、夫婦二人の静かな生活が戻ってきました。

子供たちがたまに帰ってくると、もう少し家が大きかったらといつも思うのですが、いなくなると、夫婦二人では、十分広いと思えてしまいます。(^-^;

家を建てるとは、何を基準にするのがよいのでしょう。
老後は夫婦二人、こじんまりとした平屋をとよくききますが、子供や孫たちがワイワイと泊まれない家は寂しいですよね。┐(´-`)┌

まあ、今のところ我が家は、子供や孫も泊まることはことはできるのですが、宝くじが当たれば、即、リフォームしたい。

2階とリビング。

そして、楽器の演奏やカラオケのできる防音室も欲しい。

連れは工作室。

あらっ、まあ、大変なお屋敷になりそうです。(゚ー゚;

上の写真は、孫たちの遊びの痕跡です。

庭石の上に単に丸く石を並べるだけでも幼児にとっては楽しいようです。(*^-^)



  にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月26日 (土)

新しいカメラを買っちゃいました

Pc280165_r


Pc280168_r
 

オリンパスのカメラの修理が終わって返ってくるのが、来年1月7日の予定と連絡がありました。
2週間、カメラがないのは辛い。
でも仕方ないですよね。
年末年始は、みんなお休みなのですから。

孫撮りをどうしよう。
今この時期を逃してしまうのは…… (ρ_;)

いえ、そんなことできない。\(*`∧´)/

ということで、注文して翌日には届くアマゾンで、型落ちカメラを買ってしまいました。(*^.^*)

パナソニック ルミックス DMC-GM1SK

色は、茶色にしたのですが、少しおとなし過ぎたかしら。

まあ、シックで良いでしょう。

受け取ったのが遅かったので、部屋の中での試し撮りしかしていないのですが、なかなかきれいな絵がでてきます。

付属のキットレンズも小さくていいのですが、ちょっと試しに明るいNOKTONの25mm f0.95をつけてみました。

胴長黒レンズもなかなか良いです。

それにこのレンズ重さが435gあるのですが、カメラ本体が204gと軽いのであまり重さを感じません。

そして、f値調整がレンズ側でできるので、案外使いやすいかもしれません。

そうなると、オリンパス・フォーサーズレンズの14-54mm f2.8-3.5をつけてみたくなりました。

レンズの重さは、アダプターをつけて約500g。

ピント合わせに少々時間がかかりますが、重さも合わせて、この程度なら大丈夫。

それよりも この14-54mm、前玉が大きくて、ちっちゃい本体につけてもすごくカッコいいのです。(・∀・)イイ!

うふふ、楽しみが増えました。

怪我の功名です! (*´v゚*)ゞ



   にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月24日 (木)

博多名物

世間は、クリスマス・イブだというのに我が家の今夜の夕食は、おでんでした。(*´v゚*)ゞ

年寄り夫婦二人にメリークリスマスもなにもありません。

ただ、少しだけ、それらしく、チキンの骨付きもも肉を焼いて、薄くスライスし、サラダの上にのっけてみました。

立派なクリスマス料理。

喜ぶ子供がいないのでこれで十分です。(*^ー゚)b


さて、話は変わりますが、テレビの旅番組などの中で、「博多といえばモツ鍋ですが」、と言う声を最近よく聞きます。

今日もそうです。

いつから博多は、「モツ鍋」で有名になったのでしょう。「モツ鍋」が代名詞のようになったのでしょう。

私が住んでいた3、40年前までは、「モツ鍋」なんて影も形もなかったし、聞いたこともありませんでした。
そして、鍋料理の「鶏の水炊き」だって、その頃は、澄んだスープであって、白濁したスープではなかったんですよ。

昔から博多に住んでいる年配の方々もこの二つ(モツ鍋と白濁スープ)が昔からの名物のように言われるのには、少々憤慨されているようです。

服の流行が変わるように、食べ物の流行り、廃りがあるのは理解できるのですが、まるで昔からの名物のように放送されるのは、受け入れられないようです。

時は、魔物です。
時は、時代に埋もれ、忘れてしまわれるものを作り出すかと思えば、新しい文化を生み出し、定着させます。

人々が年をとり、姿や考え方が変わっていくように、街も姿を変え、文化や有り様も変わっていきます。

今、名物として地元の年寄りに受け入れられない「モツ鍋」も時の中で延々と生き残れば…、そう、今の若い人たちが年寄りになるころには、博多名物として認識されていることでしょうね、きっと。

まあ、当たり前といえば、当たり前の話ですが。(*^.^*)

  にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月15日 (火)

花より団子・花より睡眠

ふたご座流星群の観測条件が、今年は最高ということで、楽しみにしていたのですが、一番の見ごろにあたる昨日12月14日日没後~15日の日の出まで、こちらでは、生憎の曇り。
田舎の明かりの少ない環境の中では、きっとたくさんの流れ星を見ることができるだろうと思っていたのですが残念。

それでも連れ合いは、今夜、駅からの帰り道、流れ星が長く尾を引いたように夜空を横切って行ったのを見たと家に入ると同時に興奮して告げます。
すぐに外に出てしばらく夜空を眺めていたのですが、結局、観ることはできませんでした。
まあ、1時間も眺めていたわけではないので、当然だったかもしれません。
三脚とカメラを用意して写真を撮ろうという情熱もお腹が空きすぎていたのでありませんでした。

“流星群より夕食”です。(*´v゚*)ゞ

ですから、写真、今日はありません。(^-^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 9日 (月)

11月のトマト

     Pa250753_r

庭の片隅に植えたトマトが、11月だというのにまだ実をつけています。
真っ赤に熟れたものは、皮こそ少し硬いのですが、それはそれは、甘くて美味しいのです。
夏の最盛期のころのものより、ずっとずっと美味しいのです。

買ってきた苗は、1本だったのですが、脇芽を取り、それを地植えしたものが立派に育ち、全部で4本大きくなりました。
そして、少しづつですが、交互に実をつけます。

今時分のものは、寒いからでしょう、虫もつかず、とてもきれいなものができます。

まさか、この時期まで、自家栽培のトマトが食べられるなんて思いもしませんでした。

山茶花が花びらを散らすその横で、真っ赤なトマトが実をつけているなんて……、 不思議です。( ^ω^ )

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧