チェロ

2014年12月22日 (月)

チェロもフルートも

お久しぶりです。


_c053641_r


チェロもフルートも頑張ってまだ続けています。
と言いましても カタツムリの進み具合よりもノロい上達ぶりです。

うん? 上達?

少しも上達していないだろう!!

と、突っ込まれそうですが。(^-^;

でも楽しいんですよね。
基本の練習ばかりなのですが…、性に合っているのでしょうか。(゚ー゚)


夢は、シワくちゃおばあちゃんになって、「カノンロック」をさらっと演奏して、孫に「おばあちゃん、かっこいい!」と言われること。( ^ω^ )フフフ

はて、 生きているうちに叶うことやら (*^m^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月14日 (日)

チェロを買いました(^^)

これまで先生のチェロをお借りしていたのですが、やっと自分のチェロを持つことが出来ました。
購入は、予算を言って、先生がいつも利用されている楽器工房で、行かれる用事のついでに買ってきていただきました。
弓についても私に合いそうなものを選んでいただきました。

すべて、お任せです(笑)
なんていい加減なのでしょう。(^-^;
でもまあ、初心者ですし、予算も限られていますし、きっといろいろ見ると目移りしてしまうでしょうから。;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

新しい子は、赤みを帯びた綺麗な子です。
お借りしていたものより少し、気持ち小ぶりな気がします。
音は、良く鳴り響きます。
そして、若いというか、直線的というか、やはり以前のものとは、音色が違います。
きっと、これからわたくし色に育っていくのでしょう。(v^ー゜)


ケースは、先生のお薦めもあって、東洋楽器・プリュームファイバースリムⅡのプラチナ・ブラウンを。
先生から
「ソフトケースでも良いですが、ぶつけたときなど、ハードケースの方が安心ですし、皆さん、結局は、ハードケースに買い替えられますねぇ」
ということでしたので、いくらか安く手に入るネットで先に購入していました。

さあ、借り物ではありません。
これからは、恐る恐るではなく、思う存分、練習できます。ヽ(´▽`)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月13日 (水)

チェロ・レッスン3回目・録音してみると

先日、3回目のレッスンに行ってきました。
今回は、先生のお許しをいただいて、練習時間ずっと録音させていただきました。
これまで、要点は、教則本に書き込むように言われていたのですが、なにぶん、私は、老眼で、眼鏡をつけたり、外したりと不便ですし、その上、書き込んでいる間、レッスンは、ストップしてしまいます。
それで、録音をお願いしたのですが、快諾をいただきました。
生徒さんによっては、ビデオ録画されている方もいらっしゃるとか。
指の位置や弦の弾き方を直していただくこともありますから、納得です。

今回から左手の指使い練習に入ったのですが、位置が一定しません。
指押さえの場所にテープでも張ってしまいたいような心境です。
それに一所懸命になると親指にも力が入り、位置もずれてしまいます。
腕は下がるし、小指は突っ張ってしまう、おまけに隣の弦まで弾いてしまうし、と課題山盛りです。

うちに帰って、録音した練習中の様子を聞いてみました。
忘れていることがたくさんあって、録音しておくというのは本当に良いです。

でも、自分の出している音をあらためて聞いてみると、チェロ先生が気の毒になりました。

きっとチェロ先生は、優秀な絶対音感の持ち主でしょうから、こんな音を毎回聞かされるなんて……

音に関しては鈍感な私でさえも不快になってしまうほどのひどい音なのです。(ノ゚ο゚)ノミ(ノ _ _)ノ`

じっと我慢して教えて下さる先生に感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 8日 (火)

チェロ レッスン2回目

先週のことですが、チェロのレッスンに行ってきました。
2回目のレッスンです。

教室に入って、先ずは、チューニングから。
これは、毎回、家での練習の前にも必ずしなければいけないことなのですが、私の場合、とても時間がかかります。
正しい指の形で弓を持つのに先ず、ひと苦労。
そして、弦をどのくらい巻けばどのくらい音が変わるかなんてさっぱりわからないので、少し巻いては、弓を持ち直し、弾き、チューナーとにらめっこ。
また、巻いて、弓の持ち直し、にらめっこ。

「今は、チューニングに時間がかかりますが、そのうち耳が覚えてくれます。と言いますか、耳で覚えてください」
と先生のお言葉。

はてさて、一体、何年かかることでしょう。(^-^;

その後、教則本ウエルナーを使っての開放弦を弾く練習。

不快な音の量産でした。
おまけにどうにかすると隣の弦も一緒に弾いちゃいます。
肩は動くし、腕は、ガチガチ。

うわ~、何なの~ヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ
 汗だくです_ノフ○ グッタリ

最後に先生と合奏。

( ^ω^)おっおっおっ

私の音は、ひどいものでしたが、楽しかったです。(゚▽゚*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月16日 (月)

チェロ・レッスン1回目

第1回目のチェロレッスンに行ってきました。

弓が正しく持てません。
先生のおっしゃるように上からフワリと掴む形で持つのですが、弾いているうちに親指は反り返り、小指も付け根で弓を支えようとします。
正しい持ち方をすると、弓を取り落としそうになります。
弓は80gしかないのですが、軽く力を入れずに持つなんて、とてもできません。
体には力が入っていますし、当然腕にも力が入っています。

体験レッスンでも弓の持ち方を教えてもらったのですが、体験ですから、少々違っていてもうるさく言われなかったのですが、レッスンともなるとそういうわけにはいきません。
はじめが肝心です。

苦肉の策。
左手で弓を支えて、正しい持ち方をした途端、すばやく弦に当て弓を支る!
という技で、何とか乗り切りました。

今回は、D線とA線の開放弦の練習。
音の長さや休みの長さを正確にと指摘されました。

そういえば、フルートは、まだ正しい音を出すことに重点が置かれているので、長さなど結構適当になっているのですよね。

う~ん、ふたつの楽器を並行して習うのは、案外メリットがあるのかもしれない。(σ・∀・)σ

レッスン後、レンタルチェロを借りて帰りました。

家に帰って早速弓の持ち方を練習しています。
結果、正しく(多分?)持てるようになりました。
手首の角度が違っていたことと、中指をうまく使えば、親指は反ることがなく、また小指の根元で弓を支えなくても済むということがわかりました。━━━━(゚∀゚)━━━━!!

チェロのレッスンは、月2回です。
先生と私の都合の良い日を前もって予約していく制度です。
フルートのレッスンは、曜日が決まっていますので、テニスの試合や病院の検診で休まなければならない日が多々あるものですから、この方式は、ありがたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月12日 (木)

無謀な挑戦? (2)

連れ合いにチラシを見せ、
「ほらほら、チェロの生徒募集だって。何かの啓示かもよ。レッスン受けてみたら?」
「駄目だって。そんなに云うのなら自分が習ったら?」
「ええ~、私は、フルート習っているし…」


と、言ってはみたものの、楽器ふたつを習うって…

Σ( ゜Д゜)ハッ!

ありかも知れないと思い始めてしまいました。(* ̄ー ̄*)ニヤリ

そうなったら、チェロのことが頭から離れません。

コンサート会場は、近くだったものですから、聞きに行ってきました。

先生は、若くて素敵な女性。
それに何より生で聴くチェロの音色の素晴らしいこと・・・。

恥ずかしながら、わたくし、チェロというものをこんなに身近に生で聞いたのは初めてでした。(^-^;

無謀ですよね。
楽器経験は、フルートだけ。それも7カ月足らず。

チェロの楽譜は、ヘ音記号。

一抹の不安を感じながら、エイッヤッと、体験レッスンを申し込んでしまいました。ヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年6月10日 (火)

無謀な挑戦?

ううう、無謀な挑戦をしようとしています。

ひょんなことからもう一つ習い事を増やすことになりました。ヾ(´ε`*)ゝ

チェロです。 (;´▽`A``


フルートも習い始めてまだ7カ月、中音域も安定せず、まともな音も出ないというのに、です。
もう少し上手になってからとも思ったのですが、なにぶんわたくしには、時間がありません。
年齢が許してくれません。

チェロの音色はずっと以前から好きだったのですが、フルートのことで手いっぱいで、もうひとつ違う楽器を習うなんて考えてもいませんでした。


それが、本当にひょんなことでした。

近所のおばあちゃんから、「フルートを吹かれているのですか?」と聞かれ、
「フルートは良い音色ですね」
「そうなんです。フルートの音色とそれからチェロの音色も好きなんです」
と話したところ、
「良い音色ですよね。私もチェロの音色は好きです。そうだ、では、ご主人にチェロを習ってもらったら」
という話になって大いに盛り上がったのでした。

家に帰って、夫に話すと
「ええっ!? 駄目だよ~。自分は音楽は、からっきし駄目なんだから」
で、話は終わっていました。


ところが、神の啓示か、はたまた、運命なのか、翌日、コンサートお誘いのチラシがポストに入っていたのです。
それが、こともあろうに、ギターとチェロのデュオコンサート。
おまけに、チェロ教室生徒募集の案内も。

なんということでしょう。
*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・* !!!!!

-----------------------------------

続きは、また明日。
m(. ̄  ̄.)mス・スイマセーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)