小さなものたち

2016年11月24日 (木)

雪降り日

  Pb241794_r
 
 
  Reflex 300 F6.3
 
  雪でしたね。
 
  なんだかたくさん降りました。
 
  渾身の力をふり絞って作った捕獲網も雪の重みに負けて壊れてしまいました。
 
  今夜の夕食はあきらめないと。
 
            (ジョロウグモ・♀)
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月14日 (水)

小さな訪問者

 
P8271393_r
  


   雨降りは嫌だなあ
   夜、出かけたくなくなっちゃうよ
   ああ、この匂いは何?
   おいしそうなこの匂いは?
   あの灯りの中から漂ってきている
   あの灯りは人間の住む家
   人間の住む家には近づいてはいけないと母さんが言っていたけれど…
   ああ、おいしそうないい匂い
   人間の家って 中はどうなっているのかなあ?
   ちょっとだけ、覗いて見ちゃえ
   明るいなあ 昼間のよう
   あ! しまった!
   見つかっちゃった   
 
            山のきつね
==============================
  今日は一日、雨降りでした。
  夜になっても雨は止まず、それでも外の空気を入れたくて、リビングの窓を1枚だけ網戸にして、夕飯の用意を済ませ、連れの帰りを待ちながらテレビを見ていました。
  ふと何か気配を感じて、視線を窓に移してみると、窓の外の縁側に動物の姿が。
  網戸に顔をくっつけるようにして、こちらを見ています。
 
  ネコ? 犬?
 
  いえ、いえ、キツネ君です! !!(゚ロ゚屮)屮
 
  私の座っている位置から3メートルほど。
  目が合いました。
  驚いて立ち上がった私に彼(?)も驚いたのでしょう、一旦は逃げ出したのですが、彼の好奇心は、恐怖心より勝ったのでしょう。
  またすぐに戻ってきて、窓の端からこちらを覗いています。
  こんなチャンスはないとばかりにカメラを取りにいこうと、そっと動いたのですが、やはりそれはいけなかったのでしょう、明るい窓から再び彼は、離れてしまいました。
 
  ごめんね、キツネ君。(^-^;
 
  子ぎつねが手袋を買いに人間のお店にやってくる「手袋を買いに」という童話があります。
  今は、夏ですから、このキツネ君、手袋を買いに来たのではないとは思いますが、雨傘でも借りに来たのでしょうか。  ( ^ω^ )
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 2日 (木)

はじめまして、君はだ~れ?

   P1000492_r

 

 きょうは、えらくお客さんが多いのだけれど……

 まあ、いいか

 遊んでくれる人がたくさんになったから

                    妹の家のちび犬・♂

===========================

妹がワンちゃんを飼い始めました。

まだ、生後2か月のテリアです。

このちびワンちゃんを中心に彼女の家の生活は回っています。(ノ∀`)

やっと、「お座り」ができるようになり、少しですが「待て」もできるようになりました。

狭い部屋の中を駆け回って、遊ぼうとばかりにズボンの裾に噛みついてきます。

可愛いです。;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

飽きません。

その様子を見ていた妹が「お姉ちゃんも犬を飼ったら」と言うのですが…。

もし、いま、うちに子犬がやってきたら、私はきっと子犬と付きっ切りで遊んでしまって、テニスなんてそっちのけになってしまうのは目に見えています。

もちろんフルートの練習もチェロの練習もおざなりになってしまいます。

やはり、いましばらくは、無理です。(;´▽`)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月23日 (月)

で~んで~んむ~しむ~し

 P5241117_r


  お隣のかえちゃんは、僕を見ると、なぜか

  「で~んで~んむ~しむ~し か~たつ~むり~

  お~まえ~のあ~たま~はど~こにある~

  つ~のだ~せ・・あ~たま~だせ~」

  と、ずっと大きな声で何度も歌ってくれます。

  僕はカタツムリじゃないんだけど…

  それに 微妙に歌詞が違うようだけど…

  まあ、かえちゃんは2歳だからしょうがないか

 

                   お隣のコロ犬♂

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月19日 (木)

受難の時

 P5031043_r


 どこまでも追っかけてくるのは、何?

 とてつもなく大きくて、しつこいよ

 穴の中に逃げ込んだって、掘りかえして追っかけてくる

 勘弁してよ

 人間の子供だってェ

 ワァ!

 お願いだからそっとつまんで!

 

            ダンゴムシ

=========================

 2歳の孫は、女の子なのですが、虫に興味津々です。

 最初は、木の枝などを使ってつついているのですが、そのうち、アリの行列の中に指を突っ込んでみたり、ダンゴムシやてんとう虫も小さな指を駆使して捕まえようとします。

 2歳なりに加減というものはわかるのでしょう、虫たちをつぶすことなく、上手に捕まえて掌にのせています。

 それでも虫たちにとっては、いい迷惑なのですが。(o^-^) 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月27日 (土)

ひなたぼっこ

    P2180710_r

 

  ほわっとした大気に誘われて顔を出してみたんだ。
  あったかいね
  お日様がまぶしいよ
  でも思い切り腕を広げるには
  まだ、少し早いかな

                  スイセン
  
  

================================

 花粉の季節になりました。
 こうなるとお布団も外に干せないし、洗濯物も部屋干しせざるを得なくなってしまいます。
 ああ、縁側が欲しい。
 濡れ縁とは違う、硝子戸の中にある広縁が欲しい。
 お布団などを干すのは当然なのだけれど、そこでぼんやり景色を眺めてみたり、お茶を飲んでみたり。
 広縁を置くことで、軒は長くなり、本来の部屋の中は、眩しさが軽減され、落ち着いた明るさに変わる。

 縁側は、内にいながら、外の自然とのかかわりを感じることができる曖昧な空間なのだと思う。
 縁側、いいですよね。 
 宝くじでも当たらないかな。
 真っ先にリフォームするのだけれど。ヾ(´ε`*)ゝ

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月18日 (木)

お久しぶり

  

    P2110699_r_2

 円が高いというではありませんか。
 今日の日経平均見ました? 
 まだまだですわね。
 株安いつまで続くのかしら……?
 いい加減にして欲しいわ。
 でも、今は、じっと耐えるのみですわね。
 「待てば海路の日和あり」
 と言いますし。

               ジョウビタキ・♀

================================


ジョウちゃんが久しぶりにやってきました。
なんだか難しそうな顔をしています。
日本経済について憂いているとは思いませんが、眉間に皴が寄っているような。( ̄ー ̄)



        にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 2日 (水)

びっくりな話

  Pb121140_r

ヒソヒソ、ヒソヒソ
聞いたかい?
僕たち将来、人間の食料になるかもしれないよ

エエエ~ッ!
どうすりゃいいんだ
のんきに歌ってなんていられないよ

僕たち、驚くほど栄養分が高いらしいよ

・・・・・・

僕たちの跳躍力といったら素晴らしいものがあるからね
爆発的なエネルギー=栄養分が大きいということなのかな
でも複雑だな~

まあ、今の僕たちが食べられるわけではないからね

そうそう、天敵が一つ増えたと思えばいいんじゃないかな

そうか

さあさ、暗い話はもうおしまい
今日も音を楽しもうよ

          エンマコオロギ・♂

===================================

2050年には世界人口が100億人に迫るそうです。
そうなれば、食料が足りなくなります。今より6割の食糧増産が必要になるそうです。
そこで目をつけたのがコオロギ。
栄養分、プロテインが牛肉や粉ミルクとほぼ同じ。それでいて、昆虫ですから、飼料も水も牛などに比べて、桁違いに安い。
食料としての研究を進めない手はないということのようです。

考えてみれば、地方によっては、今でもイナゴやハチのコ、ザザムシなどを食するのですから当然と言えば当然でしょう。
でも、やはりあの姿形のまま出されれば、思わずお箸を引っ込めてしまいそうです。( ^ω^ )

  にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ  にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月24日 (火)

『 帰り道 』

  _c272441_r


   帰り道


  ひとりで帰る
  帰り道
  誰もいない土手の道
  小石を蹴り蹴り
  歩いてく

  春になれば、この辺り
  つくしがたくさん
  顔を出す

  夏になれば、この辺り
  バッタやトンボが
  遊んでる

  秋になれば、この辺り
  コスモス揺れて
  唄、うたう

  けれども今は、寒い冬
  枯草、枯れ木が
  すましてる

  道草、寄り道、帰り道
  母さん、きょうは
  早く帰ってこないかな

 

==============================

小学校低学年くらいの女の子が一人でランドセルを背負って歩いていました。
女の子が2,3人連れだってなら賑やかで楽しそうに思えるのですが、一人で歩いている姿は、とぼとぼとなぜか寂しそうに見えます。

  にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月19日 (木)

『 冬がきた 』

   

Pb190086_r
       E-M5Ⅱ NOKTON VOIGTLANDER 25mmf0.95

     冬がきた

    ひらひら ひらひら
    はっぱが おちる

    はらはら はらはら
    はっぱが おちる

    ざわざわ ざわざわ
    はっぱが おちる

    かさこそ かさこそ
    はっぱが あるく

    しっとり やわやわ
    はっぱが ねむる

 

===============================

 風が強い日は、山からやってくる枯葉が空を舞います。
 量が多ければ多いほどそれは、圧巻で、感激ものです。
 こたつに入ってその景色を眺められるというのは、里山ならではのことです。

 けれでも翌日の枯葉掃除は、それはそれは大変です。┐(´-`)┌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧