グルメ・クッキング

2016年1月24日 (日)

スキレットで作るリンゴのタルトタタン

  P1240333_r

雪に閉じ込められて買い物に行くのもままならず、(我が家の車にはスタットレスを穿かせていないからなのですが)、おやつにも事欠くようになりました。

そこで、仕方なくおやつを作ることにしました。

頂いたリンゴが残っていたので、リンゴのタルトタタンに挑戦。

作り方はネットで見つけたもの。
クックパッド・umiさん作 「りんごタルトタタンシェフのこだわりケーキ」

こちらでは、鍋やケーキ型を使われていますが、8インチスキレットフライパンで作れるのではないかと挑戦してみました。
これならば、そのままオーブンに入れて焼くことができますし、なんといっても洗い物が少なくてすみますから。( ̄ー+ ̄)

で、出来上がったものが上の写真。


ネットの分量にあるシナモンもコアントローもクローブも使わず、グラニュー糖も三温糖に変更し、適当に作ったのですが、十分美味しいものができました。
ただ、リンゴの種類(フジを使いました)が違ったせいでしょうか、少し甘過ぎるようには思いましたが。

次回は、砂糖の分量を減らして再度挑戦です。(*^ー゚)b



覚書のためにも分量・作り方を掲載しておきます。
■ りんごキャラメレーゼ材料
りんご(紅玉)
600g
100g
無塩バター
30g
■ ケーキの材料
薄力粉
75g
粉糖(グラニュー糖)
85g
2個
無塩バター
20g
牛乳
30g
シナモン
小さじ2
作り方は、
1、スキレットに砂糖を入れ、少し焦げる程度に溶かす。
2、皮をむき芯をとり8等分にしたリンゴとバターを 1、に入れ、汁けがなくなるまで、焦がさないように煮、火を止め、スキレットの中でリンゴを壊さないよう見た目良く並べておく。
3、ボールにケーキ用のバターと砂糖を入れ、白っぽくなるまでかき混ぜる。
4、3、に卵と牛乳を書き混ぜたものを2,3回に分けて入れ、かき混ぜる。
5、4、に振るった小麦粉を入れ、底から混ぜ合わせる。
6、5、を2、のスキレットのりんごの上にかける。
7、170度に余熱したオーブンに鉄板を入れ、6、をスキレットのまま入れて焼く。
8、お皿にひっくり返し、冷ます。


    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 4日 (日)

らっきょう、漬けました。

昨日、スーパーに土付き砂丘らっきょうが出ていたので、早速2kg買ってきました。

部屋中らっきょうの匂いを充満させ、両端を切り取り、薄皮とその下もう一枚ほど皮を剥く。

薄皮だけしか剥かないと言う人が多いけれど、もう一枚剥いた方が色もきれいなので、私は、そうしています。

でも、これって手間がかかります。

手もとってもらっきょう臭くなりますし。

酢、氷砂糖、塩、水を火にかけ、じゅうぶん溶かし、漬け込み液を作ります。

ここまではいつもと同じなのですが、今年は、この液を熱いうちにらっきょうに注いでみることにしました。

そうすると、いつまでも、らっきょうがカリカリの状態を保っているとか。

沸騰した液を 水気を取って漬け込みビンに入れておいたらっきょうに注ぎ、冷めるまで蓋をしないでそのまま置いておく。

冷めないうちに蓋をすると、泡ぶくが出てきて、正体不明なものが出来上がるとか。

冷めたところで蓋をして、2週間後にはおいしいらっきょうの出来上がり。

夕べ、遅く帰ってきた夫

「え~っ! これだけしか漬けなかったの?」

などと言う。

もう、この白魚のような美しい指がらっきょう臭くなるほど奮闘したんだぞ!

とはいえ、確かに、らっきょう大好き人間の夫にとって、この位の量は、例年、3ヶ月、いや、2ヶ月くらいで食べ尽くされてしまっていた。

もう2kg、漬けないといけないかな~( ̄~ ̄;)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 6日 (月)

春菊とささ身の和え物

数日前、鍋料理に使おうと買っておいた春菊。

急遽メニュー変更したので、まるまる一把余っていました。

それで、今日は、春菊を使った簡単料理を一品。

   

       pic_03071  

<材料>

   春菊・・・一把

   鶏ささ身・・・3,4本

   調味料・・・酢、砂糖、醤油、ゴマ油、味噌、一味唐辛子、ラー油 

<作り方>

 1、鶏ささ身は、塩、コショウをし、酒を振り、電子レンジで酒蒸しにし、身を細く裂く。

 2、春菊は、軽く茹でて、3センチくらいの食べやすい大きさに切る。

 3、ボールに調味料を合わせ、1のささ身、2の春菊を入れ、合わせる。

 4、お皿に盛り付け、ハイ、出来上がり!

なかなか、おいしいです。

調味料は、ご家庭に合わせて適当に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月25日 (金)

キンカンの甘露煮

連れ合いが、数日前、宮崎から金柑を買ってきました。
いつかのテレビ番組でキンカンは身体に非常に良いと言っていたからなのです。
でも、二人とも
「何に良かったっけ?」
「さあ?」
「まあ、食べりゃいいんだ。セキに良いのは昔から言われていることだし…」

実は、二人ともまだ、コンコン、コンコン、咳き込んでいるのです。

で、生を丸かじりするのですが、どうもこのキンカン、昔から苦手でして…。
このままでは、冷蔵庫の中で、悲しい運命を辿って行きそうな気が…。

私が子供の頃、金柑の木は、普通のうちの庭によく植えられていました。
たくさんの実がなるからでしょう、この実をもいで食べても、誰からも叱られることはありませんでした。
でも、今は、売っているのですね。
それもお値段、高いのです。
欲深なわたくしは、冷蔵庫の中で駄目にしてしまうには、あまりにも勿体無い。何か美味しく食べる方法はないものかと考えました。

(○゜▽゜○)/ ヨッ!!シャ

キンカンの甘露煮を作ることを思いつきました。
ネットで作り方を検索すると作り方は、簡単。
いい加減に作っても美味しいものができそうです。

そして、作りました。
いい加減で。
でも、出来上がりは、きれいな艶々としたあめ色で、驚くくらいおいしいのです。
そのシロップもいい味。

ヾ(@⌒¬⌒@)ノ

量が少なかったのが、残念なくらいです。

あっという間になくなりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)